iPhoneのバッテリー節約術まとめ

投稿日: カテゴリー: iOS, iPhone

・明るさ調整(コントロールセンター)
最もバッテリーを消費すると言われている明るさ。かなりの節約になります。

・Spotlight検索をオフ(設定 > 一般 > Spotlight検索)
Spotlight検索する必要のないアプリはチェックを外しましょう。Spotlightって何って人は全てオフにした方がよいでしょう!

・位置情報は必要なアプリのみに許可(設定 > プライバシー > 位置情報サービス)
位置情報を取るためにGPSがずっと動いているとバッテリーを消耗します。
セキュリティー的にも位置情報は必要最低限にした方がよいでしょう!自分の位置がわかってしまいます。

・Wi-FiとBluetoothは使わない時はオフ(設定 > Wi-Fi、設定 > Bluetooth)
Wi-FiとBluetoothをずっとオンにしておくと使っていない時にもWi-FiとBluetoothの電波を探し続けバッテリーを消耗します。
設定以外にコントロールセンターからも切り替えができるのでこまめに切り替えましょう!

・視差効果を減らす(設定 > 一般 > アクセシビリティ > 視差効果を減らす)
視差効果?初耳の人も多いかと思いますが、視差効果はiPhoneの傾き具合によってアイコンの位置をずらし画面を見やすくする機能です。
視差効果を減らすをオンにするとバッテリーの消耗を抑えられます。

・不要なiCloud同期はオフ(設定 > iCloud)
自動で他のデバイスと同期を行うiCloudはバッテリーを消費します。同期する必要のないものはオフにしておきましょう!

・アプリのバックグラウンド更新をしない(設定 > 一般 > Appのバックグラウンド更新)
アプリをバックグラウンドで更新してくれて便利ですが、自動で更新するといことは定期的にデータ通信を行っているということ。手動でアップデートを確認すればよいことなのでオフにしましょう!

・アプリと音楽の自動ダウンロードはしない(設定 > iTunes & App Store)
別のデバイスで購入したアプリや音楽を自動で更新する機能ですが、音楽などは通信データ容量が大きくバッテリーの消費も激しいので手動で行いましょう!

・通知は必要最低限に(設定 > 通知)
通知を行うということはデータ通信を行うということ。不要な通知はオフにしましょう!

・必要のないシステムサービスはオフに(設定 > プライバシー > 位置情報サービス > システムサービス)
不要なシステムサービスもオフにしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です